本文へスキップ

品川ファインセラミックスはセラミックス製造のエキスパートです。

ダイス・ローラー

セラミックスが持つ、耐熱性や耐摩耗性、金属等との濡れにくさや耐食性を利用したセラミックス部材です

[応用例]

1.非鉄・熱間押し出し用セラミックスダイス
 非鉄金属の熱間押し出し加工は、非鉄金属材料の変形が容易に
 なるよう鋳造ビレットを高温(黄銅700℃、純銅900℃)に加熱し、
 押し出し圧力を加え、ダイスを通して連続的に加工します
 従って、ダイスの材質には厳しい使用条件に耐える材料が要求されます

 当社では、豊富な経験をもとにして、ジルコニアダイスの最適形状
 の設計を行います
セラミックスダイス製品例
  (特徴)
  • ライフが飛躍的に延長
  • 押出し製品の寸法安定
  • 押出し製品の表面性状の向上





2.非鉄線材圧延機用セラミックスガイドローラー
 非鉄金属の熱間圧延加工は、2本のロールの間で、金属を連続的
 に圧縮加工する方法であり、この圧延ロールに棒材を送り込む
 ガイドとしてガイドローラーが使用されています

 従来ガイド合金及び熱間工具鋼が使用されて
 いましたが、熱間圧縮の苛酷な条件下
 (銅の場合、温度600度~800℃、通過速度20~1,500m/min)
 では、
  • 高温摩耗によりローラーの寿命が短い
  • 圧延製品に金属粉が混入する
 などの問題がありました

 当社のセラミックスガイドローラーは、ジルコニアセラミックス及び
 α-サイアロンセラミックス(固有特許第1212170号、第1196032号使用)
 採用、セラミックスの特長である
  • 高耐熱性
  • 高耐摩耗性
  • 高耐溶着性
 を生かし、これらの問題を解消致しました

 セラミックスガイドローラーの実用化をいち早く実現した当社は、
 同じ熱間圧延ラインで用いられるルーパーローラー、ターンダウン
 ローラーについてもセラミックス化を達成し、ガイドローラーとともに
 ご好評を頂いております

ガイドローラー製品例  (特徴)
  • 圧延製品の特性向上
  • 飛躍的な長寿命化







バナースペース